トレード手法

【2パターン】損切り貧乏の克服法はコレ!【株式投資】

更新日:


 
 
こんにちは、カズキです。
 
株で利益を残すには小まめな損切りが大切!
 

あれ、?でもやっていくうちに
損切りが重なってお金が減ってしまった...

今日は、そんな悩みをお持ちの方へのお話です。
 
リスク管理の原則は守りつつ、
損切り貧乏になってしまわないように
タイプ別に分けて対処法を解説します。
 
 

スポンサードサーチ

損切りそれ自体は悪くない


 
 
株式投資で資産を作っていく上で、
損切りは絶対に欠かせません。
 
・目標金額までの試行回数の多さ
・時期によって変動する手法の精度
・トレンドの読み間違え
・注文ミスや外部環境により発生する思わぬ損

 
上記のようなことを考えても、
トントン拍子に連勝を重ねて資産を増やすのは至難の業です。
 
何より、相場環境の急変で
「運悪く」連敗してしまった時に
再起不能なダメージを喰らわないよう
傷が小さいうちに撤退する
技が必須です。
 
 
なので、損切りそれ自体は
悪いことでも何でもありませんし、
 
たまに「ロスカット不要で勝てます!」みたいな投資法広告を見かけますが、
よほどの天才か強運でない限り、ウソだと断言できます。
 
一時的に勝率100%であっても、
それを他人に再現させるなんてもっと無理でしょう。
 
損切りせず、含み損のままにする
デメリットついてはこちらの記事をご参照ください。

株で作った含み損は耐えてはいけない!理由


 
 

損切り貧乏は2タイプある


 
 
とはいえ、小さい損切りも重なれば、
「大損」になってしまいます。
 
利益を確保するために
小まめに損切りしているのに、
「損切り貧乏」になってしまえば本末転倒です。
 
私も沢山の悩み相談を聞いたり、
自分自身でも12連敗したこともありますが、
 
損切り貧乏で悩んでいる人は

① 予想外れ型
 
② ライン近すぎ型
 

の大きく2タイプに分けられ、
それによって対応方法が変わります。
 
 
分け方は簡単で、損切りされた時の
「切られ方」を思い出してみてください…
 
 

タイプ① 予想外れ型

 
騰がると思って株を買ったけど、
その直後からみるみるうちに株価が下げ続け、
 
怖くなって撤退したり
損切りラインに引っ掛かるなど、
 
思惑とは逆の結果で
ロスカットされるタイプ
です。
 
この手の方は、
 
・トレンドが読めていない
・エントリーの精度が低い

 
が、損切りの原因となります。
 
株を買って塩漬けを拡大させてしまうのも、
このタイプの方です。
 
(ちゃんと撤退できるだけマシですが)
 

タイプ② ライン近すぎ型

 
①予想外れ型に対して、トレンドの方向も
値動きの予想も当たっていたのに、
 
損切りラインが近すぎて
ロスカットになってしまう人
が、
②ライン近すぎ型です。
 
思惑が外れて損切りなら
諦めもつきますが、せっかく
予想が当たっていたのに
 
利益どころか損切りになっていた
時の悔しさときたら、
堪ったものじゃありませんね。(笑)
 
 
しかし、この②ライン近すぎ型
 
値動きの予想は出来ていても、
変動幅の予測が不十分なケースが多いです。

 
 
仕事でチャートから目を離していたら、
日中の一瞬の下げで
逆指値が刈られてしまうという人は、
 
まさにこの変動幅の予測精度
問題解決のカギがあるのです。
 
 

スポンサードサーチ

①予想外れ型の人が損切り貧乏を脱出するには


 
 
何よりもエントリー精度を上げる、
トレンドを読めるようになる
事が先決です。
 
何回か損切りされたとしても
それを補って余りある得点力を
身に付けていきましょうという考え方です。
 
では、どのように取り組むべきでしょうか?
 

トレンド系テクニカルの使い方を見直す


 
オーソドックスに移動平均線や、
ボリンジャーバンド等の勉強をするのは当然として、
 
意外とやりがちなのは、下がっている銘柄に
値ごろ感で買いを入れること。

しかし、トレンドはそう簡単に転換しません。
 
そうではなく、「買い」なら
トレンド系テクニカルを使いながら
 
上昇基調になっているものに、
まず取り組んでみましょう。
※過熱している銘柄は除く
 
SBI証券のチャート形状などで
サクッと探すこともできます。
 
SBI証券ホームページ
 
 
実際に、長く相場に残る億トレーダーの方の多くが、
トレンドに乗る順張り戦略を取っています。
  
億トレーダーのエントリー方針↓

【成功者の思考】株で億を達成したトレーダーの共通点


 
 

地合いが難しい時期を避ける

 
損切りになってしまう原因は、
1.本人の技術の問題のほかに、
2.外部環境の難易度があります。
 
いくら上昇株を見つけるのが上手い人でも、
全面安の時期に利益を出そうとするのは
大河の激流に身一つで逆行するようなモノです。
 

 
 
特に相場が閑散とする
8月、12月末は例年難易度が高くなり、
「やらない方がマシ」という状態にもなります。
 
大暴落が起きた直後だったり、
極端に売買代金が少ない時期は静観するなど、メリハリのある戦略を持ちましょう。
 
合言葉は、「勝ちやすい時期のみやる」です。
 
地合いの判断には下記サイト(外部サイト)が使えます↓
https://nikkei225jp.com/data/
 

実際に売買しなくてもデモトレードで練習

 
とはいえ、
「予想できるようになれ!」と言われても
いきなりグンと精度を上げられる訳ではありません。
 
自信をもってトレードために、
場数をこなすことは必須です。
 
ですが、資金にも時間にも限りがありますので、
デモトレードツールを利用して
大量に銘柄を売買して練習することをお勧めします。
 
もはや、チャートを日々観察して
記録するだけでも良いですね。
 
自分なりのシナリオを描いて
値動きの予想をし、「その通りに動いた!」
という体験
を重ねるのが上達への近道です。
 
デモトレードの使い方についてはこちら↓
 

【初心者向け】トレダビのとっておきの使い方【祝20周年】


 
 

②ライン近すぎ型の人が損切り貧乏を脱出するには


 
 
続いて、②ライン近すぎ型の対処法です。
 
ロスカットルールも決めて、それに則って
逆指値を入れているのに、
日中の値動きで引っ掛かって
ロスカットになってしまった。。。
 
しかも、切られた後にスルスルと
株価が上がっていったなんて経験を
している人は多いと思います。
 
一番怖いのは、それで「逆指値なんか要らない!」という発想になり、
 
逆指値を入れなかった銘柄が
大暴落して、一気にお金を減らすパターンです。
 
逆指値で切られるのは悪いことではありません。
結果的に値動きの予想が合っていたなら、
前向きに考えてもいいでしょう。
 
ですが、切られてばかりでも悔しいだけなので、その対処方法をお伝えします。
 

損切りラインを広げる

 
一時的な値動きによって、
ロスカットラインで切られてしまうという人は、
 
トレンドの予想はあっていても、
「変動幅」の予測が出来ていないケースが多いです。
 
なので、手っ取り早い対処法は、
損切りラインを広げることですが、
それだけだと損切りした際に
ダメージが大きくなってしまうので、
 
損切りラインの幅とポジション量(株数・資金)を、反比例させて調整してください。
 
具体的には、

損切りラインを1.5倍に広げる
⇒ ポジション量を3分の2にする
 
損切りラインを2倍に広げる
⇒ ポジション量を2分の1にする
 

といった感じです。
 
同じリスク量で、変動に耐える幅を広げるということですね。
 
余力があって買い下がりをするなら別ですが、
 
負けられない資金でやっている
兼業の方は必須のテクニックです。
 

エントリー位置を改善する

 
極端な話だとは思いますが、
そもそも最安値で買えていれば、
ロスカットに遭う事はありません。

 
毎回、完璧なエントリーをするのは無理だとしても、
エントリーの位置を改善することで
損切りが連発するのを防げるようになります。
 
これは①予想外し型の場合よりも、
より細かい精度の話になります。
 
具体的には、
変動幅を考慮したうえで
エントリー位置を調節する
ことです。
 
では、どのように調節すればいいのでしょうか?
 

上位足から変動幅を予測する

 
例えば、日足でトレードしている人は、
日々の変動幅だけでなく週足の変動幅、
 
5分足でトレードしている人は、
4時間足や日足の変動幅を観察する
 
といったやり方です。
 
目先の価格変動だけでなく、
上位足の視点で「今は適切なポイントなのか?」見てください。
 
そして、大きな流れの中でも
出来るだけ有利なポイント(買うなら安いポイント)
でエントリーすると、
 
トレンドが変わらない限りは
損切りされる確率は低くなります。
 
この方法は高値掴みを防ぎ、
全体的なトレンドを確かめるという点でも有効です。
 
例えば7065ユーピーアールの
8月29日時点は、6,000円台を割り、
日足の株価だけ見れば割安に見えます。
 

 
加えて、それまでの変動幅は
日中200円~500円程度なので、
5,000円台後半で買ってロスカットラインも
その下に入れれば良いようにも見えますが、
 
週足で見るとまだまだ高値圏での
エントリーにだった事が分かります。
 
テクニカル的に見ても、
直近高値6900円に対して、5800円で買っていたら1/3押しにもならないのです。
 

 
画像でも分かる通り、結果として
4,935円まで下がって上がり出すのが9月後半なので、
 
資金を速く回転させたい人には、
1か月近く含み損 or 動かないからロスカットとなってしまう場合もあるでしょう。
 
ただ、週足の動き・位置を見ていれば、
もう少し下でのエントリーを狙うこともできたはずです。
 

分散エントリーで買う・買い下がる

 
とはいえ、「そんなどこまで落ちるかなんて分からないよ"(-""-)"」という感じだと思いますので、
 
週足の変動幅を見るのに加え、
「分散エントリー」が有効です。
 
一点買いで突っ込むよりも、
株価がさらに下へ行っても買い下がりが出来ますし、
 
単価が下がればロスカットライン自体も下に設定できます。
 
変動幅の見極めに自信がないうちは
分散して買うことをお勧めします。
 
買い下がりなんて怖いよという方はこちら↓

【爆損vs爆益】ナンピンと買い下がりの違いは何?


 
 

スポンサードサーチ

まとめ


 
 
今回の記事は以上です。
 
同じ人でも、今までは②ライン近すぎだったのに、
 
相場環境が変わって①予想外し型になることもあるので、
 
損切りが続いてしまったときは、
まず原因(損切られ方)を振り返り、
それに沿った対処法を取ってもらえればと思います。


 
Twitterではブログネタ募集も兼ねた
質問も受けていますので、
お気軽にコメントください!
 
 
それでは、今日はこの辺で!

スポンサーリンク

-トレード手法

Copyright© カブログ@副業株ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.