株で勝つ秘訣コラム

【すぐ株を売ってしまう】短気な人ほど長期投資をするべき理由

投稿日:


  
 
今日は私の欠点?についてのお話しです。
カミングアウトしてしまいます。
 
何かというと、、、
 
 
呆れてしまうぐらい気が短いことです。(笑)
 
 
昨日も、
お茶をコンビニに行ったときに、
 
すぐに会計ができるかと思いきや
私の前に2人先に並んでいて、
 
大した時間はかからないはずなのに
見切って他の店へ行ってしまったり。
 
近所のATMで現金を引き出そうとしたときも、
 
2台設置している派出所みたいなところで、
2台とも埋まっていて、もういいやと諦めてしまったりと。
 
それはもう、非常に気が短いのです。
 
仕事や投資では中長期的に視点を持ち合わせて判断しますが、
プライベートの事だと素が出てしまいますね。
 
 

スポンサードサーチ

気が短いなら、短期トレード…?


 
 
で、投資に目を向けると、
 
「気が短い人は長期でのんびり持つより、短期トレードで完結させた方が良い」
 
みたいなアドバイスが存在します。
 
 
少し前の私もそう信じていましたが、
今は1~2日で終わるような「短期」トレードはやっていません。
 
 
なぜかと言いますと、
 
目先の事象=ローソク足の値動きに
いちいち感情が動かされてしまうからです。

 
短期だから、見てて逆に動いたりすると
イライラして感情的なトレードをしてしまいます。
 
どうしようもないですね。(笑)
 
ただ、正直に申し上げると、私はそんな性格です。
 
色々な投資セミナーをやってきましたが、
デイトレ講座だけは無理だと思います。
 
 
なので、逆説的ですが、
気が短い人ほど、長期投資をしたほうがいいと思っています。
 
 
広告
松井証券

短期的な予測に多大なエネルギーを使うか否か


 
 
感情が動くということは、
 
ローソク足の動き、
5分足、15分足といった短期的な値動きに余計な解釈を入れたり、
 
株価がちょっと停滞したりすると
イライラしてしまうんですよね。
 
なので、
 
値動きに向き合う時間を極力減らし、
思惑通りに動かなかった時もゆとりをもって対処できるようにする。

 
という事を投資戦略に入れた方が良いです。
 
 
優秀な投資家(トレーダー)は、
 
基本的に自分の思い通りにいかなかった場合でも
立ち回れるプランを常に持っています。
 
デイトレ等ですと、
その日うまくいかなかった場合に
チマチマ損切りをしなくてはいけないです。
 
※もしくは、含み損を持ち越して翌日さらに拡大というパターンも…
 
でも長期投資であれば
多少含み損になったとしても待っていられます。
  

しかも優良銘柄であれば、よほど
高値掴みで無い限り、たいていは戻ってきます。
 
なので、値動の予測にかける労力が少なくなります。
 
 
特に短気で気が短い人ほど、
感情の揺さぶられるトレードではなく、
 
気長に、それこそ放置してもいいぐらいの
投資をやった方がいいと思います。
 
 
私自身、2倍株を初めて取った時は、長期投資でした。
 
しかも、最初から株価倍増を狙ったわけではなく、
 
「放置してたら、たまたまうまく値上がりしてくれた」というのが実際です。
 
投資はランダム要素が多分にあるので、
変に肩入れしないほうが案外うまくいく場合もあります。
 
特に、トレードしてて仕事中に気になってしまうとか
 
短期的な自分の判断ミスでなかなか上手くいかないという方は
 
心がけてもらえるといいと思います。
 
本日の記事は以上です。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 
それでは! 
 
 

スポンサーリンク

よく読まれている記事TOP3

1

    こんにちは、カズキです。     もし、あなたが 退職金を株で運用することを 検討していたら、必ず読んでください。     多分、読んでいただくと 「こんなの信じられない・・・俺(私)はそんな ...

2

    こんにちは、カズキです。   今日は、過熱している銘柄があるときによく聞かれる「信用残」についての解説です。     信用残を的確に見られるようになると、   ・まだ買って間に合うのか?ダメな ...

3

  こんにちは、カズキです。   『これから株を頑張りたいけど、どんな本で勉強したらいいだろう?』   『上辺ではなく、再現性の高い  ちゃんとした本を読みたい!』   そんな方に、私が厳選する 株本 ...

-株で勝つ秘訣コラム

Copyright© カブログ@副業株ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.