テクニカル分析

教科書には載らないMACDの実践的な使い方ー株価が動く前にエントリーできます!

更新日:


 
 
こんにちは、カズキです。
 
今日は、テクニカル分析の中でも
最もオーソドックスな指標で、
私もトレードで使っているMACDについて
基本から使い方まで解説していきます。
 
およそ教科書的な内容もありつつ、
私が特に気を付けているのは、
「売買サインの点灯が遅れる」点です。
 
これに注意しなければいけませんが、
使いこなせれば、トレンドの初動から
乗ることができますので、
非常に強力なツールとなります。
 
 

スポンサードサーチ

MACDとは?


 
 
MACD(マックディー)は
移動平均線の進化版と言われ、
売買シグナルにおいて精度を高くした指標。
 
移動平均線によくあるダマシが少なく、
シグナルがきれいに推移するのが特徴です。
 
私も実トレードで使っていますが、
売買シグナルに沿って素直にやれば、
機能しやすいという感じ
 
 
MACDは、
① 「MACDヒストグラム」
  という棒グラフと、
② 短基線のMACD(下図水色線)
③ 長期線のMACDシグナル(下図赤線)
という2本の線で構成されており、

この位置関係によって売買のタイミングを狙います。
 

引用元:https://fxpienoshuhou.com/technical/macd/
 
 
なお、パラメーターの設定について
気になるかもしれませんが、
どの証券会社持もデフォルトで設定されている

短期線:12
長期線;26、
シグナル:9

 
で問題ありません。
 
※証券ツールでは(12,26,9)のような
 表示をされていると思います。

 
 
銘柄によってはパラメーター設定を変えると
驚くほどよく機能することもありますが、
 
使いこなしやすさと、
一般的に意識されやすい数値なのを考えて
まずはデフォルト値でのトレードをオススメします。
 
 

MACDの大きな弱点


 
 
MACDの最もオーソドックスな手法としては、
 

 
短期線が長期線を上抜いた
「ゴールデンクロス」で買い

 ※図 買①
 
短期線が長期線を下抜いた
「デッドクロス」で売り

 ※図 売①
 

 

引用元:マネックス証券HP
  
あるいは、
 

 
MACDヒストグラムが真ん中の
ゼロラインを上抜いてプラス圏で買う

 ※図 買②あたり
  
ゼロラインを下抜いて
マイナス圏に入ったら売る

 ※図 売②あたり
 

 
だと思います。分かりやすいですよね。
  
 
たしかに、実際のチャートで振り返っても
綺麗に機能していることが分かります。
 

 
 
ただし、よーく見ると気付くのですが、
 
 
ゴールデンクロスしたポイントって、
既に結構上がってしまっていませんか?
 
 
ヒストグラムが下抜いたポイントって、
よく見たらもう結構前から下落していませんか?
 
 
そう、MACDの売買サインは
綺麗に機能することが多いのですが、
反映が「遅い」のです。
 
 
これでは、教科書通りに売買すると
高値掴みすることもあり、上手くいっても
そんなに値幅が取れませんよね。
 
 
私自身もトレードを始めた当初は
MACDシグナルに素直にやっていたのですが、
どうも大きく伸びるタイミングを逃し続けていて、おかしいな??と思っていました。
 
 
なので、MACDの反映の遅さを意識し、
エントリーするときは
一般的な売買サインではなく「兆候」で判断するようにしています。
 
 

スポンサードサーチ

変化の兆候をとらえて売買する方法

 
 
 
具体的には、
ゴールデンクロスしたら
買いエントリーをするのではなく、
 
ゴールデンクロス「しそうな」時に
先にエントリーしてしまいます。

 
兆候が見えた段階で動くという事です。
 
 
まとまった買いを入れるのが怖ければ、
「ゴールデンクロス兆候」のときに
打診的に買って、
 
本当にゴールデンクロスしたら
買い増しをしても良いでしょう。
 
 
そもそも、
短期線が長期線とクロスする時というのは、
株価が大きく動いたから、
結果としてクロスする訳です。
 
 
ということは、クロスした後は
そのあと株価が伸びるかもしれませんが、
一歩出遅れたタイミングになりやすいのです。
 
 
その点、
 
まだゴールデンクロスはしていないけれど、
兆候が出ている時にエントリーすれば、
これから大きく動く前に買える可能性があるのです。
 
これは空売りする場合も同じです。
 
 
では具体的にどう見るか?という点ですが、
 
ヒストグラムの山が頂点付けて
減少しかけているポイントを狙います。

 
 
ヒストグラムの長さというのは、
長期線と短期線の乖離で算出されるので、
ヒストグラムが長いほど勢いが強いです。
 
なので、買いエントリーで
大底、ないしは直近の安値を狙う場合は、
 
ヒストグラムが0ラインよりも下側にあり、
最も下落が強い時に買えばいいのですが、
最安値を的中させるのは歴戦のプロでも困難です。
 

 
 
なので、私は
 

 
■買いの兆候
⇒ヒストグラムの山が0ラインよりも下側で、頂点を付けて減少してきている
 
■売りの予兆
⇒ヒストグラムの山が0ラインよりも上側で、頂点を付けて減少してきている
 

 
以上のような兆候を基準にしています。
 
ゴールデンクロス関係ないじゃん!という
感じかもですが、いったんヒストグラムが
減少しかけると、短期線が徐々に
クロスする方向に向き始めていきますので、
一歩早くエントリーするのはピッタリなのです。
 
 
ただし、注意点としては早くエントリーできても
勝率は100%ではありません。
 
そもそもゴールデンクロスする(上がる!)と
判断するにはローソク足の推移をはじめ、
他のトレンド指標で方向性に確信が持てる場合です。
 
無理に分からないときにやる必要ないですし
 
まずは、1回上がった銘柄の一時的に
下がっている押し目
などでMACDを
照らし合わせてみると上手く行きやすいと思います。
 
 
熟達すると日経平均の大底を拾えたり、
天井からの空売りもできるようになるので、
繰り返しやってみて下さい。
 
 

MACDだけを妄信はNG。幅が狭い時は「やらない」判断力も重要


 
 
そして、MACDを活用する上で重要なのは、
値動きの狭いレンジ相場ではまず機能しない
ことです。
 
狭い値動きなので、頻繁に
クロスや0ラインをまたいだ上下が
発生するにもかかわらず、
 
全然値幅が取れません(*_*;
 
しかも、MACDに限った話ではありませんが
上がったと思ったらすぐに逆に行ったりして
より、騙されやすくなります。(笑)
 
レンジ相場でもある程度値幅があって
傾向がつかめればいいのですが、
 
そもそも値動き自体がない銘柄は
避けた方が良さそうですね。
 
 

スポンサードサーチ

まとめ

 
 
本日の記事は以上です。
 
 
MACDは様々な手法がありますが、
デメリットである「反映の遅さ」を考慮し、
 
兆候が出ているときからエントリーする
のを意識する
 
そして、ある程度値動きのある
銘柄を選んでトレードしていただければと思います。
 
それでは。
 
 

スポンサーリンク

よく読まれている記事TOP3

1

    こんにちは、カズキです。     今日は、 退職金を株で運用することを 検討している人へ向けた記事です。     多分、読んでいただくと こんなの信じられない・・・ 俺(私)はそんな馬鹿なマネ ...

2

    こんにちは、カズキです。   今日は、過熱している銘柄があるときによく聞かれる「信用残」についての解説です。     信用残を的確に見られるようになると、   ・まだ買って間に合うのか?ダメな ...

3

  こんにちは、カズキです。   『これから株を頑張りたいけど、どんな本で勉強したらいいだろう?』   『上辺ではなく、再現性の高い  ちゃんとした本を読みたい!』   そんな方に、私が厳選する 株本 ...

-テクニカル分析

Copyright© カブログ@副業株ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.