株で勝つ秘訣コラム

【答えは自分にあり】株で勝てない人は「継続性」を考えよう!【無理しない】

更新日:


 
 
こんにちは、カズキです。
 
 
日々ツイートしていて思ったのですが、
@kazuki_kodama6
 
トレードで勝つための内容はともかく
「負ける原因への対処」について
反響を多くいただいていることに気付きました。
 
 
たしかに、即効性のあるノウハウよりも
根本的な問題にフォーカスした方が
実は結果に反映されやすいです。
 
 
ですので、今日は
「株で全然勝てないよ!」という人へ
トレード技術とは違った観点で、
1つ対処法をお伝えします。
 
 
何かというと、
 
トレード手法以前に、
そのトレードにおける【継続性】を考えましょう。というお話です。
 
 

スポンサードサーチ

無理があるやり方は、長続きしない


 
 
株で上手く行かない人は
その人の状況に【手法が合っていない】ケースが多いです。
 
  
手法のパフォーマンス自体は悪くないのに、
その人にとって「そもそも継続できないやり方」である事が多いのです。
 
 
たとえば、
 
 
日中全くチャートを見られないのに
 小型株のデイトレに近い事をしていて
 球に動いた時に売り時を逃していたり、

 
資金が少ないのに値がさ株に
 100株ドンと大勝負をかけて
 大損失を食らっていたり、

 
 
もっといけないのは、、、
 
知識がない状態でトレードをする
 
ことです。
 
これに関しては、議論する必要も無いでしょう。
 
 
色々なトレード手法を試すこと自体は悪くありませんが、
 
やる段階で無理が生じていて、
そもそも継続性に疑問が残るやり方
では、
結果が出にくいですし、続きません。
 
 

大きな結果には「一定期間の継続」が根底にある


 
 
株に限らず、世の中で
結果を出している人の背景には
必ず「継続」の二文字があります。

 
 
一定期間、何度も
まとまった試行回数をこなすから
技術が身についていきますし、
 
時間の経過とともに
積み上げていく利益も大きくなっていきます。
 
なので、仮に素晴らしい手法を知っても、
同時にそれを継続するだけの力をもって
粛々と取り組んでいかなければ、結果は出ないのです。
 
 

どこかで無理が生じる行為は続かない

 
 
一般のお仕事を思い浮かべてみても、そうではないでしょうか?
 
たとえば、
 
人が会社を辞める理由
 
について考えてみてください。
 
 
寿退社・引っ越し・独立など
ポジティブな退職理由もあるとは思いますが、
 
ネガティブな面から理由を挙げるすると、
その会社の仕事を続けるのが
困難になったから
ですよね。
 
 

パワハラを受けて精神的に続けられない
 
仕事内容が合っていなくて毎日が苦痛
 
通勤がキツ過ぎる
 
ストレスで体調を崩してしまった

 
 
といった感じで、
就業のために無理をした結果、
それが積もり積もって耐えられなくなり、
退職という結果に至ってしまいます。
 
 
程度の差こそあれ、
「無理を押して続けていて、最後は折れてしまった」と言えるでしょう。
 
 
私自身も辞めてはいませんが、
休みなく無理をして働き続けた時期に、
恥ずかしながら入院まで至ったことがあります(笑)
 


 
 
今では笑い話になっているものの、
周りの方や、進行していた仕事にも
迷惑かけまくり
でしたので、望ましいことではないですよね。
 
 
今度は、これをトレードに置き換えて、
考えてみてください・・・
 
  
 

トレードにおいても果てしない継続性は必要

 
 
突然ですが、
  
✅現在のトレード資金と、目標にしている金額を思い浮かべてみてください。
(目標を決めていないという人は、暫定でいいです)
 
 
 
ここで質問です・・・
 
 
 
その金額は、何回トレードをすれば達成できそうですか?
 
 
 
・・・・
 
 
 
おそらく、結構な数をこなさないと、
達成できない数字ではないでしょうか?

 
 
 
たとえば
資金200万円から1億円を目指す場合、
税金を考慮して少なくとも
3倍株に4回は乗らなければいけません。
 
これは全資産を賭けて、
負けなしで完璧に推移した場合
の話です。
 
 
実際は、負けトレードの分を考慮しても、
どんなに少なくても、
中長期投資で十回は売買が必要になりますし、
 
デイトレ―ダーであれば数百回、
下手したら数千回必要かもしれません。
 
 
トレードで目標金額に到達するために、
それなりにまとまった回数と時間が必要です。
 
 
なのに、先ほどの会社員の例のように
「どこかで無理をした状態」でトレードをして、果たして続くでしょうか?
 
 
結果が出たとしても、生活の他の部分に支障が出ますし、
 
そもそも続けるのが困難であれば、
大きな結果は出しづらいでしょう。
 
 
無理がたたると、結果が出ていても
最終的には退場することさえあります。
 
 

【悲報】億トレでも普通に退場します。その原因は?【実体験】


 
  

スポンサードサーチ

無理なく継続できるトレードとは


 
 
何度も言いますが、
継続できなければ大きな結果は出せません。
 
では、継続するためのコツは何かというと、
 
「無理なくできる」「無意識に・自然にできる」
というのが非常に重要です。
 
 


 
 
得意とか、好きとかいう観点だと
見つけにくいというか、フワッとしてしまいますが、
 
「無理なくできる」「自然にできる」だと、
現実的で一気に見つけやすくなると思います。
 
 
また、一見弱点と思われるような
要素をトレード戦略の制約条件として
組み入れてしまう
のも良いです。
 
 
たとえば、私の場合だと早起きが大の苦手でして、
朝9時の寄り付きが過ぎてから起きる日もあります。(笑)
 
※寄り付きの時間にガッツリ仕事していて、チャートを見られない方と同じ状況です
 
 
デイトレをするのであれば致命的ですが、
であれば、最初から寄り付きからトレードする手法を捨てて、
 
午後の落ち着いた時間から
エントリー機会を伺うやり方を取っています。
 
 
また、検証用に資金50万円の口座が1つあるのですが、
当然50万以上(信用なら150万円以上)の投資はできません。
 
 
なので、必然的に株価が安めの
銘柄を選びますし、回転を利かして信用を使いつつ、短期回収のスタイルを取ります。
 
 
また、私はどちらかといえばせっかちな性格ので、
ポジションを持ったら中長期玉と
目先で利益確定する「短期玉」も準備しています。

 
この分散戦略のお陰で
ポジションが気になって仕方ない
仕事に集中できない、という事はありません。
 


 
 
このように、
 
・早起きが苦手
・小資金の口座がある
・すぐ利確しそうになる

 
というデメリットを利用して、
逆に「無理のないトレード戦略」を立てられます。
 
 
もっと言うと、
トレード戦略を生活に合わせるだけでなく、
 
トレードがやりやすいように
生活自体を変えていく
という方法もあります。
 
以下は、今の私が思いつく限りの案ですが、
人によって如何様にもできると思います。
 
 

環境面を変える

 
・職場に近いところに住む
・遅出、早上がりを交渉してみる 
・タブレット、スマホトレードを導入する
・使う指標を絞る
 ※前提として、優位性があり、それが変動するということ
・転職する

 
 

時間の使い方を工夫する

 
・家事の一部など外注できるようにする
・見てられないならそもそも中長期保有に切り替える
・ポジション持つと気になって仕方ないならデイトレ
・決まった時間だけトレードする
・ハラハラしないために見る時間を限定する

 
 

資金面での対策

 
・トレードする銘柄数を絞る
・自分の資金量に合った株価の銘柄を選ぶ(安すぎNG)
・資金が足りないのであれば、月2~3回1日バイトして貯める

 
 
 
いかがでしたでしょうか?
 
トレードを続ける
= 目標としている事を達成するには
多少無理をすることも必要ですが、
 
何より継続することが結果に繋がりますので、
継続のための戦略構築・環境作りも外せません。
 
 
私は睡眠時間確保・ストレス低減のために
会社の近くに引っ越し、
 
(別の理由を使いましたが)
トレード時間確保のため午後出社を
お願いして容認してもらえました。
 
 
意図をもって物事を進めるというのは
投資にもつながる事ですし、
 
行動してみると
案外上手く行くことも多いので最初から「無理」と決めるのではなく、
 
積極的に働きかけていくのをオススメします。
 
 
それでは!
  
 
【関連記事】
実際、爆益を出している方はそんなに数多くトレードしておらず、
普段は無理せず、暴落だけを狙って買いに行く方法も有りです。

【億り人に聞いた】株価暴落で買うタイミングと狙い目銘柄

スポンサーリンク

-株で勝つ秘訣コラム

Copyright© カブログ@副業株ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.