株で勝つ秘訣コラム

【厳選3パターン】コレやると株で負けます。【億トレ・退場者例から考察】

更新日:


 
  
こんにちは、カズキです。
 
この記事は2020年の年初、
大発会(1月6日)が始まる前に書いています。
 
前年に投資で上手く行った人も
そうでなかった人も、気持ちを
新たに準備しているところでしょう。
 
今日は、このタイミングで
年間の投資成績の向上させたい方へ
必須の内容
をお届けしたいと思います。
 
それは、、
 
 
株で負ける人の特徴です。
 
 
株式投資に関わらず、物事には
成功するためのノウハウがありますが、
そのパターンは人によって千差万別です。
 
その時の巡り合わせや運もあるでしょう。
 
一方で、失敗してしまう、すなわち
「負ける人の特徴」は恐ろしく一致しています。
 
そう、 
 
成功のためにやった方が良いことと
同じくらい、「負けのパターン」を把握し、
絶対にやらないことも重要です。

 
私の仕事柄、過去数千人といえる規模で
億トレーダーや退場者を見てきて、
 
「あ、この人負けるだろうな」と思う
特徴3つを厳選してお届けします。
 
 

スポンサードサーチ

1.一気に買って一気に売る


 
 
まず一つ目、これは特に
初心者がやりがちです。
 
「一気に買って一気に売る」。
 
それも、資金の大半をつぎ込んで
というパターンは、最悪です。
 
※デイトレのように保有期間も
 売却ポイントも決めている場合は別です。

 
大前提として、
世界のどんな熟練トレーダーも
毎回、安く買って高く売るというのは至難の業です。
 
当然、勝率100%にはなりませんし、
だからこそ、エントリーは1回で全投入にせず分散して行っています。
 
この銘柄は上がる!
という見立てはあるにしろ、
あくまで「可能性」を探りながら
取引をしている
ということです。
 
選んだ銘柄が思い通りに動かなくても
軽い傷で撤退し、次へ挑戦できます。
 
 
また、厄介なのが、
一気に利益確定売りをしてしまった場合。
 
利益が確定する代わりに、
その後、さらに株価が上昇した場合に
もうその恩恵を受けられないのです。
 
株をやったことがある人なら誰しも、
「ああ、あの時売らなければ…」という
悔しさを味わっているはず。
 
 
それ自体は問題ではないのですが、、、
 
スルスル上がっていくのを
指をくわえて見ているのが悔しくて、
さらに高値で、エイ!と買いに行ってしまうパターンが落とし穴です。
 
一点売りを勧めないのは、これを防ぎたいからです。
 

こういった感情エントリーは
高値掴みになりやすく、利益を得た直後なら
小資金でなく、大きなロットで勝負しがちです。
 
しかし、株価が大きく下落して、
それまでの利益を打ち消してしまう…
最悪はマイナスで失敗してしまった、という相談を山ほど聞きました。
 
 
この高値で追ってしまった根本原因は、
「一気に売ってしまって、手元に株が残っていなかったこと」
だと言えるでしょう。
 
そういった事態を防ぐためにも、
逆に「分散して買い、徐々に売る」という
考え方が重要になります。
 
 
分散エントリー・エグジットについては
こちらの記事も参考になると思います。
 
【関連記事】

株の売り時に迷う人・後悔してしまう人へ【一部利確】のすすめ


 
 
因みに、せっかく億トレーダーになったのに
最後資金を溶かしてしまった方の原因も
信用取引で高値での一点買いです。
 
【関連記事】

【悲報】億トレーダーでも普通に退場します。その原因は?【実体験】


 
 

2.利確シナリオ・撤退シナリオを準備してない


 
 
大きく塩漬けにしてしまう人は
ほぼ、シナリオがありません。
 
「どうしてこの銘柄を買ったのですか?」
と聞くと、
 
たいてい
「何となく。。。」
「○○さんが良いと言ってたから。。。」
 
みたいな回答ばかりでして、
銘柄選びの云々は置いておくにしても
 
こうなったら売る・こうなったら損切りする
というシナリオを事前に描けていない
人が圧倒的多数です。
 
 
また、意外と多いのが
最初は含み益だったのに、売ろうか迷っているうちに株価が元に戻ってきてしまい、
結局マイナスで損切りしたという人。
 
これも、根本原因は、
シナリオ=心の準備ができていなかったことです。
 
利益確定はともかく、思惑とは逆に株価が動いてしまったときに、
シナリオが無いと迷います。とにかく迷います。
 
そういった判断の遅れを出さないために、
銘柄を買う前にどうなったら利益確定して(買い増しも含めて)
どうなったら撤退するのか?
シナリオを準備したうえで、臨みましょう。
 
その判断軸としてテクニカルや
ファンダメンタルズ指標がありますし、
 
毎年勝ち続けている人はシナリオ通りに行動するのはもちろん、
 
「自分が思い描いたのと違った動きをしたら撤退する」
 
という心の準備が出来ているので、
損小利大になりやすいです。
 
 
ただ、補足しなければいけないのは
最初から完璧なシナリオを求めないこと
 
熟練トレーダーでも間違えることがあるのですから、まずは自力で考えて
その通りに行動できたか?というのを、
しっかり自己評価しましょう。
 
そして、結果の良し悪しに関わらず、
投資にはフィードバックと改善が必要です。
 
その際に、ただ何となく投資をしていたのと、
結果間違っても考えを持ってやったのとでは、その後の上達に歴然とした差が出ます。

 
フィードバックをより効果的にし、
次の投資に生かすためにも、自分なりで良いので、しっかりとシナリオを準備しましょう。
 
 

スポンサードサーチ

3.株価が上がると興奮し、下がると意気消沈する


 
 
これは、勝っている人と
負けている人で発想が真逆です。
 
地合いが難しいときに無理に買えとは言いませんが、
株価が下がってリスクオフな時こそ、
チャンスとにらんで機会をうかがい、
 
いよいよ株価が上昇して、
テレビもツイッターのタイムラインも
会う人会う人が浮かれている時こそ、
「危ない」と思いながら売るのです。
 
 
株価が大きく上昇してから、
地合いが良くなってから買いに行くのでは、
やはり遅いです。
 
そのためには、地合いが悪く
誰もが「もう株なんて終わってる」なんて言っている中で、
淡々とチャンスを伺い、仕込んでいく必要があります。
 
株価が上がって喜んだり、
自分だけ買えてなくて焦ったり、

株価が暴落し、周りの人の空気に
引っ張られて意気消沈しているようでは、
 
まだまだ投資家としてはアマチュアの
レベルだと思った方がいいでしょう。
 


 
 
もちろん、大暴落しているときに
落ちているんナイフを拾うかのごとく
値ごろ感だけで買いに行ってはいけません。
 
タイミングは慎重に伺う必要があります。
 
この考え方については、こちらの
記事で解説しています。
 
キーワードは「長期的な逆張り目線からの、短期的な順張りエントリー」です。
 

【成功者の思考】株で億を達成したトレーダーの共通点


 
 

まとめ:株式投資は”勝負”ではない


 
 
株式投資は勝負ではない。
 
散々、勝つ・負けると言ってきましたが、
結論はこれです。(笑)
 
なぜなら、投資自体があなたの
自己ベストを更新していくもので、
人と競うものではないからです。
 
だって、 
有名トレーダーが100億儲けようが、
隣人が月に50万損しようが、
あなたに実利・実害はない
ですよね。
 
もちろん、市場参加者の間での
「お金の奪い合い」という面では
競争なのかもしれませんが、
 
  
投資の良いところは、
その「やり方」を強制されません。
 
どんな手法を取っても、
どれだけお金を投じても、
あなたの自由なのです。

 
自分に合ったやり方で、
1円でも多く資産を増やせばいい。

 
 
逆に、人のことを意識してしまうと、

もっと儲けてやろうと身の丈に合わない
金額で張ってしまったり、

急上昇してホルダーが
歓喜してる銘柄に悔しくて
「私も乗り遅れたくない!」みたいな感じで
高値掴みしてしまうのです。
 
他人は気にしない事です。
 
 
それに、勝負・勝負といって
負けられない大勝負をかけると、、
 
株で負けるならまだしも、
人生さえ狂わせることになります。
 

【実話】株で退職金5000万円を溶かしました…65歳の末路【大損】


 
なので、あくまで実体生活が優先。
 
自分の目標を立てて、
それをマイペースで更新していくくらいの
気持ちで良いと思います。
 
そもそも、大多数の投資家の目的は
株式投資そのものではなく、
「資産形成」ですから。
 
そのためには、投資運用だけでなく
 
・収入を増やす
・支出を減らす
・税金から資産を守る
・健康を保つ

 
といった、総合的なバランスが必要になります。
 
そんな事も意識しながら、
取り組んでみると、肩の力が抜けて
成績が好転するかもしれませんね。
 
本日の記事は以上です。
  
読者の皆さんにとって、
実りある一年となりますように!
 
 

スポンサーリンク

よく読まれている記事TOP3

1

    こんにちは、カズキです。     今日は、 退職金を株で運用することを 検討している人へ向けた記事です。     多分、読んでいただくと こんなの信じられない・・・ 俺(私)はそんな馬鹿なマネ ...

2

    こんにちは、カズキです。   今日は、過熱している銘柄があるときによく聞かれる「信用残」についての解説です。     信用残を的確に見られるようになると、   ・まだ買って間に合うのか?ダメな ...

3

  こんにちは、カズキです。   『これから株を頑張りたいけど、どんな本で勉強したらいいだろう?』   『上辺ではなく、再現性の高い  ちゃんとした本を読みたい!』   そんな方に、私が厳選する 株本 ...

-株で勝つ秘訣コラム

Copyright© カブログ@副業株ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.