株で勝つ秘訣コラム

【成功者の思考】株で億を達成したトレーダーの共通点

更新日:


 
こんにちは、カズキです。
 
今日のテーマは、
正真正銘 億トレーダーになった人の共通点です。

爆益をもたらした銘柄や手法こそ違えど、
株で成功したいなら
絶対に外せない考え方です。

読み終わった後も忘れずに
取り組んでいただきたいと思います。
 
実は、私は仕事上で何人かの億トレと
お付き合いをさせていただいていて、
 
その中には資金数百万円から
億トレーダーになった方もいます。
 
それで驚きなのが、
半ばボランティアで授業運営の
お手伝いをして頂いたりします。
 
本来ならそんなことをする必要ないはずなのに、、、
本当にありがたい話ですよね。
 
そんな彼らと
話していく中で気づいたのですが、

億というレベルの結果を出す人には
共通している要素があるのです。

今日はその一つについて、お話します。

この話が腑に落ちると、
安易にツイッターで出た銘柄に飛びついたり
すぐに含み損にしたりする回数を
大きく減らせるようになると思います。
 

スポンサードサーチ

成功者の共通点

 
億トレーダー達の共通点とは、

「長期的には逆張り目線だが、
 短期的には順張りエントリーで流れに乗っている」

ということです。
 
買いの場合も売りの場合も同じです
 
 
逆張り目線からの順張り???

と感じる人もいると思いますので、

もう少し詳しく説明していきます。
 
 
「長期的な逆張り目線」

というのは、つまり、

株価が上昇しているときに次の下落を考え、

株価が下落しているときに次の上昇を考えている
 
ということです。


 
因みに、これは
株初心者がやりがちな
「安易な逆張りエントリー」とは違います。

私自身も投資を始めたての頃

日経平均の天井を3度ほど的中させ、
 
「そろそろ下がるだろうな….」という
ポイントから空売りをかけて
大成功したことがあります。

  ↑※注:完全なビギナーズラックです。

で、その数か月後に同じパターンで
息まいて空売りをしたら

逆に上に持っていかれる…という
大失敗を経験しています(*_*;
 
そんな安易すぎるトレードとは
絶対的に違うという事ですね。
 
 

決めつけはしないが、「動き出したタイミング」を逃さない

 
では、
 
株価が上昇しているときに次の下落を考え、
株価が下落しているときに次の上昇を考えている

というのは、かつての私のような
下手な逆張りエントリーとはどう違うのか?
 
たとえば、
 
株価が上昇しているとき、
「そろそろ下がるだろうな」
という勝手な予想で空売りするのが
逆張りエントリーですが、
 
 
継続して勝てる方というのは、
上昇しているときに空売りのエントリーはしません。

しないのですが、
 
次に空売りでエントリーする機会を
淡々と狙っているのです。
 
 
そして、いざチャートが天井に達し、
伸びずにとうとう下落を始めたのを確認して

はじめて空売りで
”順張り”エントリーをします。
 
かつての私にもこの考え方を教えたいですね(笑)

 
この下落を始めたタイミングに気付けるかどうか、
その時エントリーする準備ができているかが重要です。
 
「結局は順張りでエントリーするのだから、
 別に逆張りで観察している必要はないのでは?」

 
と思う人は、どちらかと言うと
ギャンブル的で一発長打の勝負が
好きなタイプだと思います。

ですが、トレードはそれではいけません。

下がり始めたときにすぐに
空売りの判断ができるためには、

「下がり始める前」から予想している必要があるのです。

準備しているから、即断即決で行動できるのです。
 
 
また、狙う方向とは逆にチャートが動いているときに
順張りでのエントリーをイメージしているので、

「こうなったら、こうする!」

という先の展開の戦略を
複数パターン想像することになります。

「株価がこうなったら、ここでエントリーする」

という具体的なパターンを複数用意できていれば、

あとは、予想通りの展開になればエントリーするし、
 
予想通りにならなければエントリーせずに待てます。
 
 
予想が当っている時のみエントリーするので、
 
その後の値動きも予想に近くなる可能性が高くなります。

事前にイメージしたことが
実際に起きていれば、自信をもって
エントリーすることが出来ますよね。
 
 

スポンサードサーチ

株価の将来を予想する人もしない人も、やることは一緒

 
「株価の将来を予測する必要はありません」

というアナリストがいるかと思えば、

「先の展開を予測することから目をそむけてはいけません」

というトレーダーがいます。
 
 
これは一見すると矛盾しているように見えて
混乱している人がいるかもしれませんが、

「先の展開を予測しよう」というのは、
 
”事前に逆張り的に予想をしながら、動き出したときに備えよう”
ということを意味し、

「先の展開を予測する必要はありません」というのは、
 
”流れが発生してから順張りで乗ろう”
ということを意味しています。
 
 
そう考えると両者にとって必要なことは
同じということがわかるのではないでしょうか。

”来るべきときが来る前に、準備を整える”

というのは、トレードでなくても
成功の秘訣だと思います。
 
いつも、エントリーした瞬間に
チャートが逆に動いてしまう人は、
逆張りの展開予想をしてみましょう。
 
予め備えておけば、動きが逆になったときに
初動でスムーズにエントリーすることが
できるようになると思います。
 
それでは
 
<関連記事>
順張りと逆張りについては、こちらの記事でも解説しています。
あなたは順張り派?逆張り派?

 
多くの億トレーダーが誕生したウルフ村田さんの情報
それを使いこなせる人、そうでない人の違いをシンプルにまとめました
【重要】ウルフ村田さんのツイートから利益を出すための必須スタンス

スポンサーリンク

-株で勝つ秘訣コラム

Copyright© カブログ@副業株ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.