情報収集

【あれ、おかしいな?】ウルフ村田さんのツイートから売り時を推察する【天井売り】

更新日:


 
 
こんにちは、カズキです。
 
今日は、ウルフ村田さんの
ツイート・発言内容から「売り時」を考える
という内容です。
 

 
「ウルフ村田さんのツイートで銘柄は分かっても、あのツイートからでは売り時が分からず、上手く行かない!」
 
「株価が下がり出して、あれ?おかしいな、、と思ったときには手遅れで含み損にしてしまう」
 

 
という人におすすめです。
 
最初にお断りしますと、
 
影響力が多分にある故、ウルフ村田さんは
明確に「売った方がいい」なんて言えない立場です。

 
少し想像すれば分かると思いますが、
もし何万人もいるフォロワーに
「売り指令」など出そうものなら、
チャート崩壊⇒株価暴落を招きます。
 
 
それこそ、相場操縦になりかねません。
 
 
ですから、あくまで売買は自己判断しかないのですが、
 
過去4年ほど、ウルフ村田さんの発言と
100近い急騰株の栄枯盛衰を見届けてきた中で、
 
私の中でもある程度「あ、売りはここだろうな」という傾向は掴めていますので、
 
ウルフ村田さんの発言内容に関わらず、
冷静に売れるポイントとして紹介したいと思います。
 
※当記事では発言の背景までは
そんなに触れませんので、あくまで過去の事例ベースで見ていただければ幸いです。

 
 

スポンサードサーチ

売り時の考え方


 
 
売り時とは言いましたが、
どちらかというと、逃げ時、ないしは
期待値が高くない時
と考えてお読みください。
 
どんな手法にも絶対はありませんからね。
それでは、始めます。
 
 

※最重要! チャートが崩れかけていても、それらしいことを言う

 
まず、売り時を考える上で
どんな人も真っ先に押さえるべきポイントは、これです。
 
 
チャートが崩れかけていても、それらしいことを言う
 
 
ウルフ村田さんのツイートを
見ていて思いますが、
 
それまで散々話題に出してきた銘柄が
いよいよ目先天井をつけて
下落しているタイミングでも、
 
まだ銘柄の上昇トレンドが
続くかのような発言をすることがあります。

 
具体的には、下記のようなワードが入っています
 

 
「期待値が高い」「安い所を拾っている」
「バーゲンセール」「継続」「終わっていない」
「まだまだ」…etc

 

 
理由はわかりませんが、
下落トレンドに差し掛かっていてそうな場面でも、

ついホールドしたくなるような発言が見られますよね。
  
 
しかし、テクニカル的な観点や
地合い面から見ても「売り」の形を
していれば、遠慮なく個人の判断で売るときは売って良いと思います。
 
 
理由は、過去そういったツイートがあった後も、シナリオが外れたのか(※これ自体は何も問題ありません)
急速に下落していく銘柄もあったからです。
 
 
トレードで大事なのは、
ウルフ村田さんに言われた通りにすることではなく、
 
・自分の利益を確保すること
 
・当てが外れたときに損小で撤退すること

 
です。
 
 
一連のツイートの見方については、こちらの記事でも見られます。
 
【重要】ウルフ村田さんのツイートから利益を出すための必須スタンス
 

「ツイートしなくなったから終了」ではない

 
また、よく聞くのが、「ウルフ村田さんが銘柄をツイートしなくなったら終わり」説。
 
 
これは、、、正直場合にもよるかと思います。
 
それよりは、1つの銘柄に対して発言内容の変遷を追った方がいいです。
(内閣景気動向指数か!って感じですね(笑))
 
 
たとえば、売り時が近づいている中で
「危ない」とか「売れ」とか直接的に言わなくても
 
まだ期待値が高いと思います」みたいな表現があったり、
 
 
急に、「上手い人は安いところで買って高いところで売る!」
 
「初心者さんは高値で取り残されがちだから、頭の回転を速くしよう!」といった、
 
論点を外れてしまうような話が出てきたときは、
過去の傾向を見るに状況が変わっているので、注意した方が良いと思います。

 
 
内容が、相場の展望や銘柄実況中継から
徐々に逸れてきているか?注目していきましょう。
 
 

 

相場が活況でないときは飲み会が多い

 
銘柄の動向とは別に、
暴落の後だったり、売買代金が少なく
利益の出しづらい相場環境になると、飲み会が増えます(笑)。
 
付いてくる投資家の皆さんを励ますためだとは思いますが、
飲み会の頻度が
逆景況指数として見られるわけですね。

 


 
 
ある意味、閑散時期に
お金を使って経済を回してくれるので、
ありがたいかもですが、、、(笑)
 
一方で、見方を変えれば、
底を探るような時期とも言え、
 
こういった時期に安くなっている
優良銘柄を探したりして、
次の大相場に向けた銘柄探しに集中しましょう。
  
 

(利益確定)という意味での売り時


 
 
この場合は、売り時とは言っても
むしろ強く株価が伸びているケースが多いです。
 
 
なので、そのままホールドしようか迷うところだと思うのですが、
 
その時点が一番強かったり、
天井であったりする場合もあるので、
利益確定の参考にすると良いと思います。
 
もちろん、買いに行ってもいいですが、
短期回収のつもりで行きましょう。
 

下ネタが多い時は絶好調

 
これはこの世の真理というと
言いすぎかもですが、そんなに
外れてもいないと思います。
 
というか、私は勝手に
「ウルフ村田下ネタ指数」と名付けていて(笑)、
この下ネタの頻度が多ければ多いほど
絶好調の状態です。

 
理由はよく分かりません。しかし、
強い上昇トレンドの最中は下ネタが出ます。
 
 

 
 
ちなみに、ここで言っているのは、
個別銘柄に関する下ネタです。
 
アンチのコメントに対しても
たまに下ネタでの応酬が見られますが、それは対象外です。
(やりすぎるとアカウントがまた止められる…)
 
 
あともう一つ、m9(^Д^)プギャー。
 
これも大きな陽線が出たときに
よく見られる表現なので、
 
この時点で対象銘柄のホルダーだった場合は、
利益確定売りの基準にしてみると良いと思います。
 
 


 
 

初動の玉はガチホ、すぐ売るな系発言⇒楽観が強い

 
あと、よく見れるのが、
「初動の玉はガチホ、すぐ売るな系」の発言。
 
これが見られるときは、
比較的相場が穏やかであるときが多いです。
 
 
逆に考えると、相場全体がリスクオフで
含み損を一刻も早く切らなければいけないという状況では、
このような発言は難しいはずです。
 
なので、実際の値動きはともかく
村田さん本人は楽観が強いケースだと思われ、押し目買いや含み益の伸長を考えても良いでしょう。
 
  
※かといって、妄信はしないでくださいね。
 
 


 
 

土日に煽りに煽られた銘柄は、月曜に特買いor売りのギャンブルプレイ

 
土日の週跨ぎに一定のリスクがあるのは、
ウルフ村田さんの場合も同じです。
 
特に、しきりに連呼していた銘柄が
金曜日終了時点で堅調に上昇していたとしましょう。
 

 
 
ウルフ村田さん的には楽観の状態のため、
週末開催されるセミナーや、ツイッターで当然連呼します。
 
しかも、チャート的にも力強く
上がっているので、初心者は特に
「これ買っておけば安心だ!」という
心理になりやすいです。
 
 
しかし、それが1人2人ではなく、
数千人、下手したら万人単位の人が同じことを思ったらどうでしょうか?
 
 
翌月曜日の寄り付きは、
 
特買いで暴騰か
特売りで急落、
 
ないしは、上下に不安定な展開が
起こりやすいです。

 
 
特に、大型株ならともかく、
もともとの出来高や浮動株が少ない銘柄は
その傾向が強いです。
 
 
いわば、企業の決算跨ぎや
米国雇用統計などの指標発表と同じイメージで、
 
このような状況で買いに行くのは
ほぼギャンブルだと思った方がいいです。

長い目で投資するにしても、月曜日の寄り付きは危険すぎます。
 
すでに銘柄を持っている方であれば、
こういったウルフ村田さんの行動を見越して
 
金曜日の引けまでにポジション量を調整できますが、
新規に買いに行こうとしている人は
気を付けた方がいいと思います。
 
 

スポンサードサーチ

【まとめ】わかりやすい説明は期待しない、利用する


 
 
以上、これまで見てきた中から感じた、
ウルフ村田さんの一連の発言から
「売り時」を推察する方法でした。
 
ウルフ村田さんも相場の秩序を保ちつつ、
できるだけフォロワーさんに密な情報発信をしようと思ったら、
 
どうしても曖昧な言い方をしたり、
表現をひねらざるを得ません。
 
 
つまりは、明快で誰にも誤解を与えない
わかりやすい説明を求めるのはそもそも無理
だという事です。
 
 
人の情報で投資するのを
否定するつもりはありませんが、
 
かといってその人がいなくなれば
路頭に迷うわけですし、責任を持ってくれる訳ではありません。
 
 
であれば、良くも悪くも
値動きのいい銘柄をツイートしながら教えてくれるウルフ村田さんを、

「自己判断」のもとに利用するのが、
実は最もコスパが良く、成功までの近道と言えるでしょう。
 
 
今回の記事は以上です!
少しでもお役に立てばうれしいです!
 
それでは。
 
 
 
P.S.
もし当記事を読んで良いと思いましたら、
Twitter・Facebookほかシェアして頂けますと嬉しいですm(_ _)m

スポンサーリンク

-情報収集

Copyright© カブログ@副業株ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.