銘柄選び

株価暴落で拾いたい優良銘柄&買ってはいけない業界

更新日:


 
  
こんにちは、カズキです。
 
今日は、株価が暴落したときに拾うといい優良銘柄&買ってはいけない業界についてです。
 
 
この記事の執筆時点で、
世界は「コロナショック」に席巻され、
依然収束のメドが立っていません。

暴落って怖いですよね。
 
後々振り返ると暴落でパニックになっていた、
まさにその時が絶好の買い場だったのですが、
 
その当時は「この先真っ暗なんじゃないか...」と、
周りの不安と恐怖に引きずられてしまいます。
 
一方で、
 
『暴落時に買いたい銘柄を事前にリストアップしましょう』
 
なんてよく言われますが、、
 
具体的な銘柄はもちろん、それを買う理由と価格まで決めていなければ、
いざ暴落した時にはうろたえてしまいます。
 
実際、私も投資を始めて数年はそんな感じで、
過去何度もチャンスを逃してきました。
 
なので、今日は、できるだけ具体的に
拾うべき優良銘柄と買ってはいけない(と思う)業界についてお話しします。
 
 

スポンサードサーチ

暴落の投資スタンス

 
 
株価が勢いよく下がっているときに株を拾う訳ですので、
短期トレードというよりは中長期投資の側面が強くなります。
 
2,3日で値幅を取ろうとするのではなく、余裕資金で買って株価が戻ってくるまでじっくり持つというスタンスでいてください。

短期の値幅取りとは頭を切り替えることです。
 
では、私の言う『優良株』とはどんな株?という話になりますが、下記になります。
 

①10年以上持ってもいい銘柄

 
「えっ!?そんなに?」と思われるかもしれませんが、あなたが買った後に世界恐慌・リーマンショック級の暴落に巻き込まれる可能性もある訳です。
 
仮にそんな状況になったとしても持っていたいと思えるような、企業に投資します。

なので、業界・事業の持続性なんかも参考材料にしています。
 

②今後も利益獲得、成長が見込めそうな業界

 
これが大局観を考える上でとても重要です。
株価がなぜ上がるか?と言えば、「企業が成長し、株主に利益をもたらしてくれるので、投資資金が集まるから」です。

思惑や短期資金流入で上がる銘柄もありますが、この記事で狙う優良銘柄は当てはまりません。
 
株主に利益をもたらす=しっかり稼げるという事が重要です。
 
なおかつ、今たまたま事業がヒットしているのではなく、好況不況関係なく継続して収益を出せる業界なのか?という観点も忘れないでください。
 

③斜陽産業ではない、今後20年は存続する業界

 
②の話と少し被りますが、稼ぐ力は、個別企業の力量だけにとどまりません。業界単位で見たときに、追い風が吹いている産業⇔逆風の産業に分かれます。
 
当然ですが、追い風が吹いている産業=時流に乗っている業界の方は稼ぎやすく、市場規模も拡大していきます。その逆も然りです。
 
なので、未来を完全に予測はできなくとも、
 
・最低20年後でも存続していそうな業界
・できれば、その時まで大きく成長が見込める業界

 
を選ぶといいと思います。
 

④日本国内だけでなく海外の売上がある

 
日本は2010年頃から人口減少に転じ、今後30年で更にそのペースは速まっていきます。
 
人の数=財布の数であり、その数が減っている状況です。

おまけに日本は65歳以上の人が全人口の28%と高齢者の割合が多く、大きな消費拡大は望めません。
 
対して、世界に目を向けると、どんなに控えめに見積もっても2040年までは世界人口は増え続けます。
 
これはつまり、途中様々なショックはあれど、長期的に見れば世界経済は成長し続けるということです。
 
なので、縮小が続く国内だけでなく、海外からの売上も一定挙げられている方が、海外経済の恩恵を受けられるのです。
 

⑤外国企業も視野に入れる

 
世界経済は拡大しており、その恩恵を最も受けるのは当然ですが、外国企業です。
 
アメリカ株はここ数年でだいぶ高くなってしまった印象ですが、それでも暴落時は大きく売られます。
 
また、利益率や株主への配当還元が高い傾向がずっと続いています。

加えて、日本みたいな的外れな金融政策をせず、積極的に消費を鼓舞してくれる国なので、株価の上昇余地は日本株より高いと思います。
 
 


 
 

買っていいと思われるセクター


 
 
では、もう少し具体的に、暴落時こそ
安く買いたいセクター・銘柄を紹介します。
 
ちなみに、この記事を執筆時点で暴落真っただ中ですが、
例として挙げる銘柄はすべて保有銘柄ですw

くれぐれも推奨・買い煽りではなく、
安くなったらさらに買い増したい銘柄だと思ってください。
 

情報通信業界

インターネット、5G、IOT、AI、自動運転といった技術にはいずれも通信インフラが必須です。

また、つい最近ネット広告の市場がテレビ広告を逆転したように、インターネットの重要性もますます増加してきます。

これは、日本国内・国外関わらず共通のトレンドです。
 
なので、現時点で情報通信のトップ企業はその恩恵を受けられるでしょう。

ただし、変化の早い業界でもあるので、地位に胡坐をかかず積極的に投資を行っている企業が望ましいです。
 
■個人的に買い続けたいと思う銘柄

 
9432 日本電信電話(NTT)
 
かつて時価総額世界一を誇った国内通信の巨人。
収益が良好なのに加えて、海外売上比率が18%と伸びている点も評価できます。

あと、これは短絡的かもしれませんが、政府が大株主でもあり潰せない=存続性はあるという要素もあります。
 
SGX:Z74 シンガポールテレコム
 
シンガポールを本拠とする、100年以上の歴史を持つアジア最大級の通信会社です。

国内だけでなく、オーストラリア、ベトナム、インドネシアと広い商圏で展開しており、株価が安定的。
世界景気の暴落の影響を受けても、今後も人口増・経済成長の恩恵受けられると思われます。
 

  

医療・ヘルスケア業界

時代がどう変わろうと、「健康」というテーマは消えません。

年齢関わらず使うセクターであり、世界的な人口増加⇒先進国の高齢化で縮小しようがありません。

ただし、企業によっては特許医薬品1つに依存していたり、武田薬品のようにM&Aに失敗して収益を悪化させている企業もあるので、

セグメント売上・研究開発投資の状況とその成果について調べた上で、企業の展望を見極めましょう。
 
■個人的に買い続けたいと思う銘柄

 
2社とも海外の大手医薬品メーカーです。

NYSE: ABBV アッヴィ
米国 シカゴに本社を置き、新薬の研究・開発・販売を行う、世界8位のバイオ医薬品企業です。
関節リウマチ治療剤 ヒュミラの売上依存度60%が気になるところですが、収益はこの10年で年率8%以上の成長を記録し、
その利益をしっかりと研究開発と事業分散に投資しているので、今後も有望と考えています。
 
GSK:US グラクソスミスクライン
イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業です。
呼吸器系の製薬が一番の強みですが、ワクチン・コンシューマヘルスケア事業も約4割ほど占めており、特定の製品頼みではありません。
また、営業CFマージンが毎年25%近辺で推移していて、稼ぐ力も堅調です。
暴落局面でも下方硬直性が強く見られる点も◎。
 

 

金融、フィンテック業界

どの業界を見渡しても、金融ほど効率よくお金を稼げる手段はありません。

経済の名著 21世紀の資本(トマスピケティ)言われるr>gのように、資本(お金)が金を生む方が労働より効率的です。

なので、今後も金融自体は無くならない業界だと考えていますが、昨今の低金利もあって既存金融機関の収益力が下がってきている点には注意したいところです。
 
また、景気変動の影響を大きく受けるセクターなので、ポートフォリオの割合は低く抑えつつ、恐慌期に突入してから買いだしても遅くないと思います。

最近では、資金確保のために(一時的に)無配にする金融機関も出てきていますので、配当狙いの人は注意してください。
 
引用(ロイター):ユーロ圏の銀行、ECB勧告に従い配当停止 スイス勢は計画続行
 
また、フィンテックの台頭により長期的には業界の再編も起きてくると思われます。
なので、投資する際は古参の金融機関だけでなくと新興のフィンテック関連企業もバランスよく持ちたいと思っています。
  
■個人的に買い続けたいと思う銘柄

 
8316 三井住友フィナンシャルグループ
日本の金融機関の中でも、トップレベルの収益力に海外売上比率も高いです。
しかも、同じくメガバンクの三菱UFJと比べると従業員数はおよそ半分。人材面で非常に力のある銀行だと考えています。
2016年に累進配当政策=「減配しない」宣言も出していますので、株主からの信頼度も高いです。
 
NASDAQ: FB Facebook
日本人にもおなじみのインスタグラム、Facebookという巨大サービスを2つ持っており、IT企業特有の収益率の高さが魅力。
それだけでなく、独自通貨リブラの開発やフィンテック企業への投資を積極的に進めており、
それを全世界の24億人ともいわれるアクティブユーザーにリリースすれば、大きなインパクトがあると考えています。
 
また、他のGAFA銘柄に比べ、株価も安い水準なので、上昇余地が大きいです。
  

 

スポンサードサーチ

買ってはいけない(と思う)業界

 
 
今度は逆に、買ってはいけないと思う業界です。
 

新聞、テレビなどの古参メディア

明らかに衰退業界です。これだけ情報が氾濫し、便利なデバイスが登場するともはや必要性を感じません。
災害時など単一情報を広く拡散する意味でテレビは重要なので、無くなりはしないと思いますが、市場規模は落ちると思っています。
 

自動車の大手(シクリカル)

景気変動を受けるシクリカル銘柄の代表的な業界なので、現段階で投資は出来ません。
じゃあ回復局面なら勝ても良いのか?という訳でもなく、今の自動車大手が20年後も勝ち続けているとは限らないと思います。
 
電気化、自動運転化が進んでいるにも関わらずトヨタをはじめとしは日本メーカーは大きく遅れを取っていますので、業界の再編が起こるかもしれないと思っています。

タバコ

世界的な嫌煙で売上現象は必至。私もタバコは吸いません。
日本で言えばJTが、株価が下がった関係で高配当にはなっていますが、今後の見通しは厳しいと思います。
 
タバコに代わる、第2、第3の事業が育ば良いですが、現状は売上比率10%程度なので、改善はまだまだ先と言わざるを得ないでしょう。
 
2020年4月1日から東京では飲食店の原則禁煙が義務付けられ、新型コロナウイルスにおいても、肺に疾患のある人の死亡率が高いことを考えても、当分はタバコに対しての逆風は吹き続けると考えられます。

内需頼みの消費財(国内比率が高い)

内需関連の産業は底堅く、ディフェンシブ株と言われますが、日本に関してはそれが当てはまらないと感じています。

今後人口が1億人を切り、その内訳も高齢者が多いとなると、内需頼みの消費財は大きく伸びる余地がありません。
また、ヒット商品があったとしても、「ブーム」ならやめたほうがいいです。
生活に必須の商品を提供していて、かつ、海外への販路を展開できているか?という点で判断してみて下さい。  
 

原油依存度の高いエネルギー企業

世界的にはまだまだ人口が増えるのでエネルギー産業は伸びそうですが、原油依存度の高い会社は注意した方がいいかもしれません。

先進国を中心に廃プラスチック、自然エネルギーの活用が進んでおり、需要が停滞する可能性があります。
また、米国でのシェールガスの台頭により、頼みの原油価格さえ下がっている状況で、石油メジャーと呼ばれる大手企業でも収益が悪化しています。
 
つい最近も原油価格が1バレル20ドルを割り、業績に大きく響いてくると考えられます。
 
広告


まとめ

 
 
今回の記事は以上となります。
 
暴落時の銘柄選びのポイントをまとめると、
 

①10年以上持ってもいい銘柄

 

②今後も利益獲得、成長が見込めそうな業界

 

③斜陽産業ではない、今後20年は存続する業界

 

④日本だけでなく海外の売上がある

 

⑤外国企業も視野に入れる

 
です。
 
目先の値ごろ感だけでなく、何より中長期的にその企業が収益を上げられるか?=株価上昇の余地があるか?考えてみるのが、ポイントです。
 
また、当記事で紹介した買いたい・買いたくないというのは、私の人生経験から編み出した答えなので、
私が知らない成長業界は世の中にゴマンと存在すると思います。
 
投資の格言に「分かるものに投資しなさい」とあるように、あなたの経験から詳しい業界から見ていくと、
思わぬ割安+掘り出し物銘柄が見つかるかもしれません。
 
それでは。
 
 

スポンサーリンク

よく読まれている記事TOP3

1

    こんにちは、カズキです。     今日は、 退職金を株で運用することを 検討している人へ向けた記事です。     多分、読んでいただくと こんなの信じられない・・・ 俺(私)はそんな馬鹿なマネ ...

2

    こんにちは、カズキです。   今日は、過熱している銘柄があるときによく聞かれる「信用残」についての解説です。     信用残を的確に見られるようになると、   ・まだ買って間に合うのか?ダメな ...

3

  こんにちは、カズキです。   『これから株を頑張りたいけど、どんな本で勉強したらいいだろう?』   『上辺ではなく、再現性の高い  ちゃんとした本を読みたい!』   そんな方に、私が厳選する 株本 ...

-銘柄選び

Copyright© カブログ@副業株ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.